但馬

  • 印刷
今季最後の競りに掛けられるベニズワイガニ=香住漁港西港
拡大
今季最後の競りに掛けられるベニズワイガニ=香住漁港西港

 兵庫県沖のベニズワイガニ漁(9月~翌年5月)が終了し、兵庫県香美町香住区若松の香住漁港西港で5月31日、今季最後の競りがあった。

 ベニズワイガニは日本海の水深約800~1500メートルに生息し、関西で水揚げされるのは同漁港のみ。地元では「香住ガニ」としてブランド化され、大型船1隻と小型船8隻が操業している。

 今季の漁獲量は1827トン(前季比5・2%減)で、漁獲金額は13億9172万円(同21・8%増)。1キロ当たりの単価は762円(同28・5%増)まで上昇した。

 但馬漁業協同組合によると、飲食店や宿泊施設に客足が戻りつつあるほか、外国産の価格高騰もあって、国内産の需要が高まっている。特に大型船が故障で漁に出られなかった5月は、1キロ当たりの単価が前季比2・3倍になったという。

(長谷部崇)

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(6月30日)

  • 32℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 23℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 37℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ