但馬

  • 印刷
オープンした「本は人生のおやつです!!」と坂上友紀さん=朝来市山東町
拡大
オープンした「本は人生のおやつです!!」と坂上友紀さん=朝来市山東町

 兵庫県朝来市山東町に書店「本は人生のおやつです!!」がオープンした。大阪市内で同じ名称の店を経営していた坂上(さかうえ)友紀さん(43)が、築100年を超える古民家を購入し、自宅兼店舗に改修、店も大阪から移した。地域の住民にも温かく迎えられ、「一生、本屋をするつもりだが、いい形で続けられそう」と笑顔で話している。(小日向務)

 坂上さんは、同県西宮市生まれ。もともと本が好きで、大学を卒業後、書店勤務などをしていた。「いい本を店で紹介したい」と考えたが、思うようにコーナーの設置などはできず、思い立って2010年8月、開業した。店名には「本は人生を豊かにしてくれる」との思いを込めたという。

 朝来に移住する前の店は大阪市北区の繁華街にあった賃貸の物件。ただ、住宅は別で、倉庫も違う場所にあった。「本屋を一生続けよう」と考えていたが、高齢になった際、倉庫と店の間で重量のある本を持ち運べるかどうか不安だった。さらに、店の拡張を模索しており、便利な場所だけに家賃負担も心配だった。

 3年前に物件を探し始めたが、新型コロナウイルスの感染拡大で、いったんは中断。コロナ禍の収束が見通せず、昨年、丹波地域を中心に物件探しを再開し、朝来市の古民家に行き着いた。

 昨年12月半ばに引っ越して、改装を始めた。古民家に施されていた欄間などの装飾を残す一方、コンクリートを入れて床を補強したり、窓枠をサッシに替えたりし、今年4月末、オープンにこぎ着けた。同市などの支援が充実していたことも、移住を決めた理由という。

 今、店頭に並ぶのは約5千冊。新刊が約4割、古本が約6割で、大まかなテーマ別に陳列されている。新刊は小説やエッセー、外国文学などが中心で、自ら読んだ本のうち、薦めたい本を並べ、売れた場合はできる限り補充する。古書は専門書などを除いて買い取りしており、幅広いジャンルがある。ブックカバーやポストカードなどの紙雑貨も販売している。

 坂上さんは「移転してゼロからのスタートだと思っていたが、地域の人たちに気持ちよく受け入れてもらい、大阪の前の店のお客さんもわざわざ来てくれている」と、順調な滑り出しに笑顔を見せている。

 午前10時~午後6時(水・木・金曜定休)。TEL079・660・7472

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(6月30日)

  • 32℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 23℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 37℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ