但馬

  • 印刷
「山陰ポジブル」の応募用サイトにアクセスできるQRコード
拡大
「山陰ポジブル」の応募用サイトにアクセスできるQRコード
「山陰ポジブル」を企画した(左から)真山拓郎さん、太陽パパさん、西村太さん=新温泉町居組
拡大
「山陰ポジブル」を企画した(左から)真山拓郎さん、太陽パパさん、西村太さん=新温泉町居組
山陰地方の企業を応援するダンス動画の計画を練る(左から)真山拓郎さん、西村宏幸さん、西村太さん=新温泉町居組
拡大
山陰地方の企業を応援するダンス動画の計画を練る(左から)真山拓郎さん、西村宏幸さん、西村太さん=新温泉町居組

 山陰で活躍する企業や団体、個人の魅力をユーチューブで発信しようと、地元のユーチューバーや企画制作会社の代表ら3人が、PR動画をつくるプロジェクトチーム「THE・SUN‐IN・POSSIBLE(山陰ポジブル)」を立ち上げた。楽曲に合わせて参加者が個々に短いダンス動画を撮影し、1本の動画にしてユーチューブで公開する。インターネット上で影響力のある「インフルエンサー」の発信力を生かした地域応援の試みが始まった。(末吉佳希)

 企画したのは、ユーチューブの人気チャンネル「太陽チャンネル」を開設する太陽パパさん(42)と、鳥取市を拠点に「山陰宣伝し隊」として活動する「たくろーす」こと真山拓郎さん(29)、兵庫県新温泉町の企画制作会社「エフ・エー・プロデュース」代表の西村太さん(51)の3人。

 太陽チャンネルは、子ども向けの商品紹介や「ドッキリ企画」などに定評がある。匿名の5人家族が、但馬を拠点に自宅や外出先で動画を撮影。子どもだけでなく、親世代にも視聴されている。5人はいずれも、ユーチューバーの大手プロダクション「UUUM(ウーム)」に所属しており、登録者数61万人を超える人気チャンネルに育て上げた。

 真山さんは、インスタグラムで企業や店舗の情報を発信する。「人の目に留まりやすい」との思いから、巨大なトウモロコシのクッションを手に写真に納まる独自のスタイルが特徴だ。

 西村さんを含む3人は、昨秋ごろに交流サイト(SNS)上で知り合い、情報交換を重ねる中で、それぞれが漠然と抱えていた「山陰を盛り上げたい」との思いで意気投合。太陽パパさんが中心となって企画を立案した。

 今回の動画では、太陽パパさんの息子の太陽君が参加する音楽ユニット「れおたい」の楽曲を使用し、参加者に約5秒間ずつ振り付けを割り当て、それぞれのこまをつなげて1本の動画にまとめる。

 振り付けは、どれも簡単な動きをプロが考案するという。西村さんは「アイドルグループAKB48のヒット曲『恋するフォーチュンクッキー』を想像すると理解しやすい」と話す。

 思い出されるのは約10年前。同曲に合わせて踊るブームが全国を席巻した。振り付けが簡単で誰でも踊れるとあって、企業の社員や自治体の職員、病院のスタッフらが踊りつないで動画を投稿し、団体のPRや連帯感をアピールするなどの動きが広がったことが記憶に新しい。

 振り付けのほか、動画内の字幕でメッセージや企業理念、キャッチコピーを載せるなど表現方法は自由。「それぞれで工夫してもらい、伝えたいことを形にしてほしい」と3人は口をそろえ、参加を呼び掛ける。

 参加費は無料。応募は専用サイトのQRコードで、6月末まで先着順で受け付ける。完成した動画は9月24日に「太陽チャンネル」で公開する予定という。

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(6月30日)

  • 32℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 23℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 37℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ