但馬

  • 印刷
「バーチャルやぶ」のオープニングイベント。ガリガリガリクソンさんと養父市をPRする広瀬栄市長(右)=養父市役所
拡大
「バーチャルやぶ」のオープニングイベント。ガリガリガリクソンさんと養父市をPRする広瀬栄市長(右)=養父市役所
「バーチャルやぶ」の仕掛け人ガリガリガリクソンさん(左)と広瀬市長=養父市役所
拡大
「バーチャルやぶ」の仕掛け人ガリガリガリクソンさん(左)と広瀬市長=養父市役所
鉱山での採掘アドベンチャーゲームを楽しめるツアーの入り口。坑道の中には吉本芸人が数多く潜む=養父市役所
拡大
鉱山での採掘アドベンチャーゲームを楽しめるツアーの入り口。坑道の中には吉本芸人が数多く潜む=養父市役所
明延鉱山に実在した「一円電車」で「名草神社三重塔」など観光名所を巡る=養父市役所
拡大
明延鉱山に実在した「一円電車」で「名草神社三重塔」など観光名所を巡る=養父市役所
メタバース上で再現された養父市役所。庁舎内では自分のアバターの写真入り「メタバース市民証」を発行することができる=養父市役所
拡大
メタバース上で再現された養父市役所。庁舎内では自分のアバターの写真入り「メタバース市民証」を発行することができる=養父市役所

 3次元の仮想空間「メタバース」を活用した、兵庫県養父市の「バーチャルやぶ」がインターネット上にオープンした。その中身は、市内の観光名所を巡るツアーや明延鉱山坑道跡での採掘ゲームなどで、同市を知らない人にも分かりやすいコンテンツがそろう。仮想の市庁舎で「デジタル住民票」を発行し、多くの人が訪れる「100万人都市」を目指す。同市は吉本興業と連携し、メタバースで地域おこしを図る新たな挑戦に踏み切った。新事業の一端を紹介する。(桑名良典)

 6月27日夜、バーチャルやぶのオープニングイベントが開かれた。

 実際の市役所で、広瀬栄市長と吉本興業の所属タレント、ガリガリガリクソンさんが、専用ゴーグルを付けて出演した。バーチャルやぶの中では2人ともアバター(分身)になり、広瀬市長は普段とほぼ同じ容姿で、ガリクソンさんは美少女のいでたちで登場した。

 東京のスタジオでは、人気コンビ「野性爆弾」のくっきー!さんや「銀シャリ」の鰻和弘さんらが実況を担当した。

 午後8時、ガリクソンさんが「はいどうもー。最近、すっかり(テレビなどでは)見なくなったと言われますが、これからは仮想空間の時代。ようこそバーチャルやぶへ」と声を張り上げた。開発に携わったクリエイター「VR蕎麦屋(そばや)タナベ」さんらもアバターで登場。全員で鏡開きをして盛り上げた。

 広瀬市長は「仮想空間は限りない可能性を秘めている。豊かな自然や文化を世界の人に知ってもらうチャンス。みなさん友達になりましょう」と呼びかけた。

 イベントを終えて、くっきー!さんは「どこを見てもリアル。これににおい、手触りとかが加わったら、もうこれでいい。バーチャル市長とスナックに行ってデュエットしたい。実際の市長とも会ってみたい」と笑わせた。

     ◇   ◇   ◇

 バーチャルやぶは、パソコンに専用アプリ「VRChat(ブイアールチャット)」をダウンロードすれば、誰でも利用することができる。

 実際、バーチャルやぶでどのような体験ができるのか。VR蕎麦屋タナベさんが同日深夜に配信した「美しいやぶ18年史」という動画をもとに紹介しよう。

 参加者5人が明延鉱山の「一円電車」に乗り込み、天滝や名草神社、ハチ高原上空からの眺望を楽しむ。明延鉱山坑道跡での採掘ゲームでは、吉本芸人が現れて「一発芸」を披露しながら、バーチャルやぶの来訪者を追い掛ける仕掛けもあり、歴史を楽しく学ぶなどした。

 今後の展開について、ガリクソンさんは毎月1回、イベントを開き、夏は怪談をテーマに検討しているという。課題は、バーチャルやぶの体験者を増やし、養父市民もどう取り込んでいくかだ。

 市と吉本興業の担当者はアバターの追加を予定している。発信力のある市民が、交流会やワークショップの場への、自由なアバターで参加することも期待する。市長以外にもアバター候補はたくさんいる。移住定住のコンシェルジュ、ハチ高原のスキー王子、但馬一円で活動するアマチュア落語家-。市民同士や市外の人とが交わるコミュニティーが構築されれば、より楽しい場となる。

     ◇   ◇   ◇

 メタバース事業を吉本興業はどう見ているのか。5月13日の事業発表会でも本気度がうかがわれた。

 漫才コンビの「かまいたち」や「見取り図」らが出席し、70人ほどの所属タレントがアバター化されていることが紹介された。おとなしくしている間寛平さんのアバターがスクリーンに映し出されると、一同が「アバターの寛平さんのほうが絡みやすい」と大喜び。

 見取り図の2人がVRゴーグルを装着して、大阪・道頓堀を舞台に「VR漫才」を披露した。かまいたち山内健司さんは、自身のアバターの今後の活動を想像しきれず、「お金の動きがまだつかめてないから」とギャラを心配して、笑いを誘った。

 同社の担当者は「漫才イベントやコンサートなどは、バーチャルやぶに一般の人を呼び込む最適のコンテンツ。また、『体験』を通した市特産品などの物販も、提案していきたい」としている。

但馬
但馬の最新
もっと見る
 

天気(8月11日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ