エッセー・評論

  • 印刷

 「責任を負う」、「義務を負う」、さらには「十字架を負う」などと、ひとはよく口にする。「負う」という語には、なにか重い荷物を背負わされているという含みが色濃くある。そして背負わされた荷物は、「責任」とか「義務」とか「債務」といった社会の約束事であることが多い。いわば世間から押しつけられるものである。だからできれば負わなくてすむようにと、ひとは希(ねが)う。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

2013/10/26
 

天気(7月4日)

  • 28℃
  • 26℃
  • 60%

  • 31℃
  • 24℃
  • 50%

  • 28℃
  • 25℃
  • 60%

  • 29℃
  • 25℃
  • 50%

お知らせ