エッセー・評論

  • 印刷

 今月、阪神間は27回目のその日を迎えた。

 神戸市中央区の東遊園地では今年も追悼の集いが催され、竹や紙でできた灯籠で「忘 1・17」の文字が象(かたど)られた。「忘」。「忘れまじ」との強い決意を再確認することと、「忘れてしまいたい」と痛みからのほどかれを願うこと。相反するこの二つが、震災から四半世紀過ぎても、もつれあったまま。そのように引き裂かれた想(おも)いは「忘」という一字に託すほかなかったのだろう。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

2022/1/29
 

天気(8月18日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 31℃
  • 24℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 24℃
  • 80%

お知らせ