エッセー・評論

汀にて

  • 印刷

 やりきれないけれど、3カ月たってふたたび、政治における言葉の劣化から書きはじめる。

 聴く耳をもたない人の言葉の応酬は、ほとんど石の投げ合い、刀剣による斬り合いを見るにひとしい。力で押し通すのではなく、理によって説得する、そのような言葉の術であるはずの政治において、その劣化は止まるところを知らない。怒号と罵声と号泣。あるいは、言葉の吐き捨て、投げつけ、はぐらかし…。先日、大阪市長と「在特会会長」なる人物との市役所内での「面談」という名のやりとりを映像で見て、それこそ言葉を失った。

2014/10/25

天気(10月1日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 40%

  • 25℃
  • 17℃
  • 60%

  • 27℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 40%

お知らせ