エッセー・評論

汀にて

  • 印刷

 マスクをつけないと外出できない、まるで悪夢のような状況にいまわたしたちは落とし込まれている。だれか、どんな人かと、風采を見る、眼(まなこ)を探る…。わたしたちの視線が日に日に尖(とが)ってきている。なにも怪しむばかりではない。ひょっとしてあの人? 「どうしてるの?」と声をかけたいあまり、ということもある。

 新型コロナウイルスの感染が広がる以前から、少しずつだが街でマスクをつける人が増えていたような気がする。大半は花粉症の症状を抑えるためだろうが、身を隠していたいという思いもどこかあったのか。

2020/4/30

天気(8月11日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 37℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ