連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

碑は語る 震災10年

  • 印刷
記憶を伝えるドラム缶の鐘。1月17日には追悼の思いを込め、住民とともに鳴らす=芦屋市茶屋之町、西法寺
拡大

記憶を伝えるドラム缶の鐘。1月17日には追悼の思いを込め、住民とともに鳴らす=芦屋市茶屋之町、西法寺

  • 記憶を伝えるドラム缶の鐘。1月17日には追悼の思いを込め、住民とともに鳴らす=芦屋市茶屋之町、西法寺

記憶を伝えるドラム缶の鐘。1月17日には追悼の思いを込め、住民とともに鳴らす=芦屋市茶屋之町、西法寺

記憶を伝えるドラム缶の鐘。1月17日には追悼の思いを込め、住民とともに鳴らす=芦屋市茶屋之町、西法寺

  • 記憶を伝えるドラム缶の鐘。1月17日には追悼の思いを込め、住民とともに鳴らす=芦屋市茶屋之町、西法寺

 初めて見る人はだれもが驚くだろう。でも当時を記憶する人は、その理由にうなずくに違いない。鐘がドラム缶でできていることに。

 芦屋市茶屋之町の西法寺。昨年再建された本堂の屋上にそれはある。墨で「阪神・淡路大震災 追悼之鐘」。

 震災直後から本堂には被災者が身を寄せた。倒壊家屋の廃材を燃やして暖を取り、ドラム缶に湯を沸かした。仮設ぶろには長い列。冷え切った心と体を温めたとき、だれもが「生きている」と実感した。

 「たたいたらどんな音やろ」

 新しい本堂の設計に携わった同市南宮町の工務店経営、藤野春樹さん(52)は昨年春、副住職の上原照子さん(53)に打ち明けた。何よりも当時を雄弁に物語る、一風変わった鐘が誕生した。

 寺がある茶屋之町、近くの大桝町、公光町の三町は建物の大半が全半壊し、四十数人が犠牲になった。中央地区として実施された復興土地区画整理事業は一昨年、ようやく終了した。

 「でも、あの悲しみを癒やすには十年は短すぎる」と上原さん。ただ一人助かった高齢の女性は「死にたい」と繰り返した。母と妹を失い、後を追うように父も逝き、独りになった若者も。「頑張ってとは口にできません。ゆっくりしてね、そして何とか幸せに、と願っています」

 完成直後の本堂で阿弥陀如来を眺めるうち、藤野さんは悩みが消えていく気がした。「ここをだれもが集える場所に」。副住職の願いだ。

 追悼の鐘をついた。「ゴワーン、ゴワーン」。どこか懐かしい音色が線路沿いの下町に響いた。

(記事・竹内 章、写真・大山伸一郎)

2004/10/7

天気(12月1日)

  • 15℃
  • 9℃
  • 20%

  • 14℃
  • 6℃
  • 40%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ