連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

碑は語る 震災10年

  • 印刷
「モニュメントは追悼の意味だけでない。命の大切さを私たちに語り掛ける」と話す堀内正美さん=神戸市中央区、東遊園地
拡大

「モニュメントは追悼の意味だけでない。命の大切さを私たちに語り掛ける」と話す堀内正美さん=神戸市中央区、東遊園地

「モニュメントは追悼の意味だけでない。命の大切さを私たちに語り掛ける」と話す堀内正美さん=神戸市中央区、東遊園地

「モニュメントは追悼の意味だけでない。命の大切さを私たちに語り掛ける」と話す堀内正美さん=神戸市中央区、東遊園地

堀内正美・運営委員長に聞く

 阪神・淡路大震災を刻んだ碑は被災地に二百三十以上を数える。神戸・東遊園地にある、犠牲者の名を連ねた「慰霊と復興のモニュメント」は訪れる人が絶えない。連載の最終回は、堀内正美・同モニュメント運営委員長に碑の意味を聞いた。

    ◆

 -被害の大きかった地域に多い

 震災後のお彼岸のころ、焼けただれた町にお花が手向けられ、ビールやジュースが供えられていた。故人への思いを込めた行為だったが、第三者にも強く語りかける光景でもあった。個人的な祈りと、他者への発信を併せ持ったモニュメントの原点だろう。

 -なぜ、必要なのか

 被災者の痛み、悲しみ、苦しみは、時間の経過とともに、とげとげしい部分が取れ、思い出になっていく。それは癒やしであり、必要なことだ。だが、町が美しく再建される中で、記憶をひもとくきっかけがなくなってしまう。都市には記憶を呼び覚ますスイッチがいる。記憶を途絶えさせない装置にしようと、モニュメントマップや交流ウオークを続けてきた。

 -交流ウオークには遺族だけでなく、多くの市民が参加し、震災や命の大切さを学んでいる

 慰霊や鎮魂の意味はあるが、今を生きる人たちの碑でもある。震災をくぐり抜け、被災者は“生かされている”と感じた。碑には「ありがとう」「絆(きずな)」「仲間」など生きていることを感謝する言葉が多く刻まれ、人と人のつながりの大切さを伝えている。

 日常には、「まさか地震に遭うなんて…」の「まさか」が山積し、出番を待っている。家族を亡くしたご遺族が一番痛感されている。いつ、どこで何が起こるか分からない。そのことをご遺族は伝えたいと思っている。

 -震災から十年が過ぎた。碑は増え続けている

 「慰霊碑」「追悼碑」などと刻まれているものの、その地域に何が起きたのか記していないものが多く残念だ。被災の事実が刻まれていれば、三十年、四十年たった後も親が子どもに語り継ぐことができる。今後作られる方にはこうした記述をお願いしたい。町の中にさりげなくあるモニュメントが好きだ。通りがかった住民が、ご近所の人に会釈でもするように、碑に頭を下げる光景を見かける。これだと思う。住民の意識の中に入り込み、暮らしに溶け込んだ存在であってほしい。

(聞き手・中部 剛、写真・峰大二郎)

=おわり=

2005/3/3

天気(11月1日)

  • 21℃
  • 13℃
  • 20%

  • 21℃
  • 7℃
  • 30%

  • 23℃
  • 11℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ