連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

災の国~問われる「覚悟」~

  • 印刷
一部で着工された防潮堤の前に立つ三浦友幸さん=宮城県気仙沼市本吉町
拡大

一部で着工された防潮堤の前に立つ三浦友幸さん=宮城県気仙沼市本吉町

一部で着工された防潮堤の前に立つ三浦友幸さん=宮城県気仙沼市本吉町

一部で着工された防潮堤の前に立つ三浦友幸さん=宮城県気仙沼市本吉町

 海は荒ぶっていた。

 スーパー低気圧が北日本に大雪を降らせた昨年12月末。海と陸をきっぱりと隔てるように建設が進む巨大防潮堤の前で、三浦友幸(34)は悔しさをにじませた。

 「なぜ、防潮堤ありきなのか。防潮堤のない復興、という選択肢はないのか」

 リアス式海岸のはざまにある宮城県気仙沼市の大谷(おおや)海岸。年間6万人が海水浴に訪れる地元のシンボルだったが、津波が元あった防潮堤と白砂青松を押し流した。

 三浦は津波で母を失った。それでも地域の若手リーダーとして海との共生の道を探る。

 「ふるさとを離れても、帰郷すればみんなで浜に集まる。防潮堤ができれば大谷は大谷でなくなる」

 その砂浜を丸ごと防潮堤に置き換える計画が公表されたのは2012年6月。所管する林野庁が住民説明会で「高さは9・8メートル、幅は40メートル」と伝えた。

 防潮堤計画は、東日本大震災の被災3県で総延長約400キロ。総工費8千億円の巨大事業だ。

 だが全ての計画は住民に意見を聞かないまま、突然示された。

     ■

 関西学院大神戸三田キャンパス。総合政策学部教授の長峯純一(58)がその理由を解説した。

 「災害復旧、つまり失ったものを元に戻す工事だから、住民の意見を聞く必要がないと行政は判断したのだろう」

 長峯は気仙沼市出身。住民団体に請われ、復興の助言を続ける。

 計画の根源をたどると、住民説明会の1年前、国土交通省、農林水産省、水産庁の課長が連名で出した1枚の通知に行き着く。

 〈設計津波の水位の設定方法などについて〉

 津波を発生頻度の高いレベル1、東日本大震災並みだが頻度は低いレベル2に分類。レベル1は防潮堤による防御を前提にするとした。中央防災会議の中間報告を受けたものだ。

 宮城県はこれを受けてシミュレーションし、高さを機械的に設定した。その結果、防潮堤の高さは震災前の2~4倍に跳ね上がった。

 長峯は指摘する。

 「実は中央防災会議も国も、周辺環境との調和も必要と付言している。だが、実態は『通知』に逆らえない主従関係。県にも自治の発想はなかった」

 災害復旧工事は国の全額負担だ。宮城県議会の質疑で知事の村井嘉浩(54)は本音を漏らしている。そこには国と地方の変わらぬ関係がにじむ。

 「今回が最大のチャンス。今やらないと、県の財源を拠出しないといけなくなる。もう造れないということですよ」

     ■

 国が定める復興集中期間は5年間で予算25兆円。

 「住民の命を守る」とする村井の使命感に理解を示す気仙沼市議、今川悟(39)は言う。「都市の論理を農漁村に押し付ける国は現実が見えていない。にもかかわらず、期間中に事業を進めなくては、という焦りが被災地を追い詰めている」

 住民の反発を受け、国や県は柔軟な姿勢を見せ始めた。気仙沼市は昨年末、大谷海岸の砂浜を守る代案を示した。

 「住民が守りたいものがまず先にあって、その後に防潮堤の是非や高さを決めればいい」

 三浦はまだ、あきらめていない。

=敬称略=

(木村信行)

2015/1/5

天気(12月3日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ