姫路

  • 印刷
マスクを着けたしゃちほこと、考案した山本理沙巡査長。週に1、2回は交換している=姫路署
拡大
マスクを着けたしゃちほこと、考案した山本理沙巡査長。週に1、2回は交換している=姫路署

 新型コロナウイルスの猛威が続く中、兵庫県警姫路署の玄関前で来庁者を出迎える「しゃちほこ」2体のオブジェが、特大マスクの“着用”を始めた。顔部分をすっぽりと覆われた姿はインパクト十分で、啓発効果も高そうだ。

 考案したのは同署警務課の山本理沙巡査長(33)。署を訪れた人が車にマスクを置き忘れ、慌てて取りに戻る姿を受付で見掛けることも多く、「しゃちほこを見て着用を思い出してほしい」と制作を決めた。

 裁縫が得意という山本巡査長が、署で余っていた布を使って計4枚を作った。サイズは縦30センチ、横60センチ。目にした通行人らから早速「しゃちほこもマスクしてるわ」との声が上がっており、山本巡査長は「感染予防はもちろん、ユーモラスなマスク姿で少しでも明るい気持ちになってもらえたら」と期待している。(山本 晃)

姫路
姫路の最新
もっと見る

天気(4月12日)

  • 21℃
  • 12℃
  • 20%

  • 24℃
  • 5℃
  • 20%

  • 22℃
  • 11℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ