姫路

  • 印刷
播磨地域の動植物の写真が並ぶ会場=姫路科学館
拡大
播磨地域の動植物の写真が並ぶ会場=姫路科学館

 身近な動植物について理解を深めてもらおうと、播磨地域の生き物を市民が撮影した写真などで紹介する企画展「生物多様性写真展 ひめじのいきもの」が、姫路科学館(兵庫県姫路市青山)で開かれている。ウェブサイト上で受け付けた昆虫や草花などの写真184点が並ぶ。

 スマートフォンのカメラ機能の進化により、誰でも手軽に鮮明な写真を撮影できるようになったことから、野生生物の生態記録も兼ねて企画。今年で4回目の開催となる。

 会場には、自宅の玄関先に巣を作ったツバメや、同市夢前町莇野に咲き、地名の由来にもなったアザミの花など、市民が切り取った動植物の表情が並ぶ。同館職員が撮影した写真も、大型パネルにして展示している。

 近くに住む男性(74)は「なじみのある生き物の写真も多くて『こんなん見たことあるな』と思いながら楽しんだ」とほほ笑んだ。

 4月5日まで、午前9時半~午後5時。火曜休館。姫路科学館TEL079・267・3001

(森下陽介)

姫路
姫路の最新
もっと見る

天気(5月16日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ