姫路

  • 印刷
展示の目玉になるフェラーリの「288GTO」について説明する中村俊根社長=姫路市福中町
拡大
展示の目玉になるフェラーリの「288GTO」について説明する中村俊根社長=姫路市福中町

 イタリアや英国などのビンテージカーを間近で見られる博物館「トリノミュージアム」(兵庫県姫路市福中町)が完成し、報道関係者向けの内覧会が開かれた。1950年代以降に生産されたフェラーリやランボルギーニ、ベントレーなどの名車計34台を展示し、姫路城が一望できるレストランも併設。緊急事態宣言の解除後にオープンする。

 運営会社「ヘリテージ」の中村俊根(としね)社長(62)は20代から私費を投じて名車を収集。今回、大型の立体駐車場を博物館やレストランに改装した。

 真っ赤な車体が目を引くフェラーリのスポーツカー「288GTO」は、日本に正規輸入された2台のうちの1台。元ビートルズのリンゴ・スターさんが所有していたシボレーや、タレントで映画監督のビートたけし(北野武)さんが特注した限定車も展示する。

 「希少価値の高い車をこれほど一堂に集めた場所はないのでは」と中村社長。午前10時~午後6時。高校生以上1100円、小中学生770円。トリノミュージアムTEL079・224・2220

(田中宏樹)

姫路
姫路の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 18℃
  • 30%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

  • 30℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ