姫路

  • 印刷
出産した子ども(右)に顔を寄せる「キキ」(姫路市立動物園提供)
拡大
出産した子ども(右)に顔を寄せる「キキ」(姫路市立動物園提供)

 兵庫県姫路市立動物園(同市本町)は、雌のアミメキリン「キキ」(6歳)が5月20日に雌の子どもを出産したと発表した。同園でのキリンの出産は、1996年7月以来25年ぶり。母子ともに元気といい、6月中旬ごろの公開を目指す。

 キキは2018年3月、繁殖に取り組むため姫路セントラルパーク(同市豊富町神谷)から同園に貸与された。同じ4月25日が誕生日の雄「コウスケ」(16歳)とカップルになり、20年2月ごろに繁殖行動が確認されていた。

 担当の飼育員が5月20日朝、キキの尻尾の下から子どもの前脚が少し出ているのに気付き、午前7時18分に新しい命が誕生した。子どもは現在、前脚の先から頭頂部までの身長が約170センチで、体重は60キロと推定される。

 同園では昨年、人気者として長年愛された雌のアジアゾウ「姫子」や雄のエゾヒグマ「フウ」など飼育動物の死が相次いだ。河野光彦飼育担当係長は「久しぶりの明るいニュースでうれしい。まだ油断はできないが、すくすくと成長してほしい」と話した。(田中宏樹)

姫路
姫路の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 29℃
  • 20℃
  • 0%

  • 27℃
  • 17℃
  • 0%

  • 30℃
  • 20℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ