姫路

  • 印刷
多くの卵かけご飯ファンをうならせた「夢王」=姫路市本町
拡大
多くの卵かけご飯ファンをうならせた「夢王」=姫路市本町
多くの卵かけご飯ファンをうならせた「夢王」=姫路市本町
拡大
多くの卵かけご飯ファンをうならせた「夢王」=姫路市本町

 今年1月、東京で開かれた、卵かけご飯に合う卵を決めるイベント「たまごかけごはん祭り」で、藤橋商店(兵庫県たつの市)の「夢王」が優勝した。赤みがかった黄身が濃厚な味わいを生み出し、全国のブランド卵で最も多く票を集めた。これまでは東京と岡山の卵販売店へのみ卸していたが、タイトル獲得の反響を受けて、藤橋商店が運営する卵料理販売店「たまごや厨房」(同県姫路市本町)や山陽百貨店地下食品売り場でも取り扱いが始まった。10個千円。(森下陽介)

 「たまごかけごはん祭り」は、全国から35種類のブランド卵がエントリーした。来場者約1400人は35種類から好みの12種類をチョイスし、卵かけご飯にぴったり合ったベスト3をインターネットで投票した。夢王は総投票数の約3割を獲得した。

 夢王は2020年に藤橋商店が開発に着手した。鶏の飼料にヨモギや海草、緑茶を混ぜ、パプリカや唐辛子で黄身の色を濃くした。「たまごかけごはん祭り」を主催した日本たまごかけごはん研究所は「濃厚なうま味とコクがある一方、雑味はない」と勝因を挙げた。

 全国レベルの実力を証明した夢王だが、これまでは販路が限られていた。「普通の卵とは黄身の色が違いすぎて、飲食店では使いにくいんです」とたまごや厨房の前田遥店長(27)。地元兵庫に卸先がなかったが、優勝するや問い合わせが急増。姫路での販売に踏み切った。

 実は生卵が苦手だったという前田さんは、夢王を使った卵かけご飯は生臭さがなく、あっという間に完食した。「初めて食べたときの感動を、地元の人にも味わってほしい。食べてもらえたら、違いが分かる」と力を込める。

 たまごや厨房では受注販売。同店に電話やインスタグラムを通じて、注文者の名前や連絡先、希望個数、引き取り日を伝える。たまごや厨房TEL079・280・1650

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(9月21日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ