姫路

  • 印刷
ヤマサ蒲鉾が6品種を育てる「夢前 蓮の花苑」=姫路市夢前町置本
拡大
ヤマサ蒲鉾が6品種を育てる「夢前 蓮の花苑」=姫路市夢前町置本
鐘楼を囲む堀に咲くハスの花=姫路船場別院本徳寺
拡大
鐘楼を囲む堀に咲くハスの花=姫路船場別院本徳寺

 兵庫県姫路市内でハスの花が季節を迎えている。早朝に咲き、昼にはしぼむというピンクの大輪は優美そのもの。観賞に訪れた人々に癒やしをもたらしている。(大山伸一郎)

■「夢前蓮の花苑」6品種開花

 約1万2千平方メートルのハス園が広がるのは、姫路市夢前町置本の「夢前 蓮(はす)の花苑」。近くに本社を構えるヤマサ蒲鉾(かまぼこ)が大賀ハスや美中紅(びちゅうこう)などの6品種を栽培し、2018年から無料で公開している。

 早朝、朝露をまとったつぼみはゆっくりと開き、周辺の田園風景に彩りを添える。散策用に木製の遊歩道が整備され、整地されたあぜ道からも観賞できる。

 同社によると開花のピークは例年より1週間以上早いといい、見頃は7月上旬ごろまでとみられる。開園期間は7月末までの予定で、入園は無料。午前7時から、隣接する同社(TEL079・335・1055)の販売施設「夢鮮館(ゆめせんかん)」の駐車場を利用できる。

■船場別院本徳寺 大輪が咲く

 「船場御坊」として親しまれる姫路市地内町の姫路船場別院本徳寺では、今春約30年ぶりに水を戻したという鐘楼堂の堀で大賀ハスが咲き誇っている。

 2032年まで修復事業が続く同寺。5メートル四方の鐘楼を囲む堀は水が抜けて久しかったが、今年2月に防水シートを張り、3月に田んぼの土を入れてレンコンを植えたところ、6月中旬からほころび始めた。

 同寺列座の本谷廣さんは「泥の中に咲く花だからこそ美しい。みなさんの憩いの場になれば」と話していた。

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(9月19日)

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ