姫路

  • 印刷
本番に向けてミュージカルの稽古に励む出演者ら=姫路市別所町別所
拡大
本番に向けてミュージカルの稽古に励む出演者ら=姫路市別所町別所
佐々木秀実さん(千城恵アーティスト・アカデミー提供)
拡大
佐々木秀実さん(千城恵アーティスト・アカデミー提供)

 一般公募の市民とプロが競演するシャンソンの祭典「HIMEJIパリ祭」が18日、兵庫県姫路市総社本町の市民会館で開かれる。元宝塚歌劇団の男役スター、千城恵(ちしろ・けい)さん(67)が毎年続ける恒例のステージで、今年はコンサートとミュージカルの二本立て。フランス柔道五輪代表が姫路に滞在中ということもあり、千城さんは「フランスの文化に親しんでもらい、交流の機運が一層高まれば」と話す。(地道優樹)

 パリ祭は7月14日のフランス革命記念日に合わせ、シャンソン歌手の故石井好子(よしこ)さんが東京で始めた。姫路では同歌劇団を退団後、故郷に音楽スタジオを開校した千城さんが「華やかな文化を広めたい」と1999年から続ける。

 今年は3歳~90代の市民36人と、プロの歌手やダンサー13人が出演。正午からの昼の部ではシャンソンのコンサート、午後5時からの夜の部ではミュージカルを上演する。

 ミュージカル「アムール・ド・パリ」は、パリの女性劇場主と、元恋人の画家とのラブストーリー。さまざまな人間模様を「モン・パリ」などの名曲が彩る。姉妹の役を演じる会社員伊藤麻希さん(24)と保育士本間汀紗(なぎさ)さん(24)は「前向きな気持ちになれる物語。2人で精いっぱい演じきりたい」と意気込む。

 元タカラジェンヌの桐さと実さん、シャンソン歌手の拵井(かこい)加代子さんと内海さゆりさんらは昼・夜ともに出演し、「青春の旅立ち」などを歌う。いずれもラストは出演者たちがロングスカート姿で踊る「フレンチカンカン」で盛り上げる。

 また、特別ゲストとしてNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」の挿入歌で知られる男性シャンソン歌手・佐々木秀実さん(41)が初出演。「愛の賛歌」や「パリの空の下」などの名曲を歌い上げる。

 「海外旅行に行けない時期だからこそ、パリの街角のムードを楽しんでもらえれば」と千城さん。前売りS席(指定)4千円、A席(自由)3千円。当日券は500円増し。千城恵アーティスト・アカデミーTEL079・227・9166

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(9月26日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ