姫路

  • 印刷
課題解決に向けた意見を発表する生徒=菅野中
拡大
課題解決に向けた意見を発表する生徒=菅野中

 2025年に予定されている大阪・関西万博を題材にした授業が、兵庫県姫路市夢前町護持の菅野中学校であった。万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」を踏まえ、2年生約70人が世界に横たわる課題の解決策を考えた。

 会場運営を担う「2025年日本国際博覧会協会」(大阪市)が、万博への理解や関心を高めようと教育プログラムを策定。20年度に大阪府内の小中学校で授業を始め、21年度から近隣府県にも拡大した。兵庫県内では菅野中を含め希望した計18校で実施される。

 菅野中では、国連が定める持続可能な開発目標(SDGs)を学ぶ一環で取り組んだ。万博のテーマはSDGsにも合致し、事前に博覧会の歩みや狙いを理解した生徒たちは、「食品ロス」や「海洋汚染」といった課題について意見を交換。解決策の発表では「残さず食べる」「洗剤の量を減らす」「レジ袋をあまり使わない」など、日頃の行動を見直す声が目立った。

 男子生徒(14)は「他の発表を聞いて、社会の問題についても知ることができた」。女子生徒(13)は「自分たちができることから取り組んでいきたい」と話した。(山本 晃)

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(10月29日)

  • 20℃
  • 13℃
  • 10%

  • 18℃
  • 12℃
  • 20%

  • 21℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 11℃
  • 10%

お知らせ