姫路

  • 印刷
アレルギー科を開設した姫路聖マリア病院の金廣有彦院長=姫路市仁豊野
拡大
アレルギー科を開設した姫路聖マリア病院の金廣有彦院長=姫路市仁豊野

 兵庫県姫路市仁豊野の姫路聖マリア病院が、花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎などアレルギー疾患の総合的な診療部門を新設した。国民の約半数に何らかのアレルギーがあり、ぜんそくと花粉症など複数の疾患を持つ患者も多いとされる中、内科や小児科、耳鼻咽喉科、皮膚科など六つの診療科が協力して専門的な治療を目指す。

 同病院によると、総合的なアレルギーの診療部門は播磨地域の医療機関では初めてという。県が指定する四つの拠点病院は神戸・阪神間に集中しており、播磨地域でも体制を整えようと、今春着任した呼吸器疾患の専門医で日本アレルギー学会理事も務める金廣有彦(かねひろありひこ)院長が準備を進めてきた。9月には同学会の認定を取得した。

 アレルギー疾患は目や皮膚、呼吸器など全身に症状が出るほか、急激な悪化で亡くなるケースもある。食物アレルギーからぜんそくに移行するなど、成長に応じて次々と症状が変化する「アレルギーマーチ」に悩む子どもも多いという。金廣院長によると、発症のメカニズムに関する研究が進んでいるといい、「適切な治療ができればコントロールが可能」と話す。

 新設する「アレルギー科」の医師は6人。問診や血液検査を経て、各診療科での専門的な治療につなげる。金廣院長は「症状に悩んでいる人はまず相談してほしい。地域のクリニックとも連携していく」と話している。同病院TEL079・265・5111(代表)

(井上 駿)

姫路医療
姫路の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ