姫路

  • 印刷
天守閣からの眺望を堪能する高田耕志さん=姫路城
拡大
天守閣からの眺望を堪能する高田耕志さん=姫路城
大学生7人に支えられながら登城する加藤貴士さん=姫路城
拡大
大学生7人に支えられながら登城する加藤貴士さん=姫路城

 重度の身体障害者でともに兵庫県加古川市に住む高田耕志さん(63)と加藤貴士さん(39)が、関西福祉大(同県赤穂市新田)の学生らの介助を受けながら姫路城天守閣への登城に挑戦した。家族や福祉施設職員らも含め約30人のサポートで急傾斜の階段を上り切った2人は、最上階の格子窓から広がる絶景に満足そうな表情を浮かべた。(森下陽介)

 元々要塞(ようさい)の側面もある姫路城には急な坂や段差、階段が多く、エレベーターも設置されていないため建物内では車いすが使えない。同大の谷口泰司教授らが2017年から「重度の障害があっても諦めずに登城してほしい」とプロジェクトを企画し、今回で6回目を迎えた。

 学生らは車いすに乗った高田さんと加藤さんを押し、入城口から続く坂道を前進。天守閣の下の広場「備前丸」に到着すると手際よく担架に乗せ、落下防止のベルトを巻いて6、7人がかりで担ぎ上げた。

 建物内の階段は計109段に上り、幅が狭い上に最大傾斜も50度以上ときつい。担架での移動中、学生らは「痛い所はありませんか」「寒くないですか」などと声を掛け続けた。休憩を挟みながら約50分かけて最上階にたどり着くと、2人は眺望を楽しみながら学生と喜びを分かち合った。

 社会福祉学部2年の学生(20)は「当事者やその家族と一丸になって達成できた。喜んでもらえて良かった」と声を弾ませた。かつて姫路市内に住んでいて登城を望んでいたという高田さんは「一生に一度の機会。準備も大変だったけど、それだけの価値がある体験だった」と笑顔を見せた。

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(12月6日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 20%

  • 14℃
  • 2℃
  • 10%

  • 13℃
  • 7℃
  • 50%

  • 13℃
  • 6℃
  • 60%

お知らせ