姫路

  • 印刷
仲間入りしたオタリアの「くるる」=姫路市立動物園
拡大
仲間入りしたオタリアの「くるる」=姫路市立動物園

 姫路市立動物園(兵庫県姫路市本町)で昨年10月から、アシカ科のオタリアの「くるる」が公開されている。繁殖のため2016年に北海道の釧路市動物園へ渡った「トキ」の第1子で、祖母にあたる「ビッキー」と同じプールで見ることできる。

 オタリアは主に南米に生息。雄は成長するとたてがみが生えるのが特徴で「シーライオン」とも呼ばれる。

 釧路で20年7月に生まれたくるるは、動物園間の協定で、昨年姫路へ仲間入りした。現在の体長は約150センチ、体重は約65キロ。北海道時代はホッケが主食だったが、姫路ではアジをよく食べ、プールで元気に泳いでいる。

 担当の飼育員、中島はるかさん(34)は「祖母のビッキーと柵越しに顔を近づけるなど、仲良し姿も見せることもある」と話す。

 体調によっては公開を見合わせる場合もある。姫路市立動物園TEL079・284・3636

(山本 晃)

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(5月22日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ