姫路

  • 印刷
新規感染者に電話で状況を尋ねる疫学調査担当の保健所職員ら=姫路市坂田町
拡大
新規感染者に電話で状況を尋ねる疫学調査担当の保健所職員ら=姫路市坂田町
姫路市保健所の毛利好孝所長
拡大
姫路市保健所の毛利好孝所長
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 新型コロナウイルスの感染が全国的に急拡大し、兵庫県姫路市にも流行の「第6波」が押し寄せた。1日当たりの感染者数は早くも100人を突破し、既に新変異株「オミクロン株」が主流になったとみられる。第6波の特徴や求められる対策、市の対応などを、市保健所長で医師でもある毛利好孝さん(59)に聞いた。(聞き手・田中宏樹)

 -第6波の傾向は。

 「感染力が強いオミクロン株に置き換わりが進み、市内でも感染者の約8割を占めると考えている。これまでの株と異なり、ウイルスが喉など上気道で増殖するのが特徴だ。そのため肺炎の発症などで重症化する割合は、第5波の中心だったデルタ株より低いとされる」

 -具体的な症状は。

 「せきや鼻水、急な発熱などがあるが、症状そのものは軽い。無症状者も多いと考えられる。また、デルタ株と比べて市販の解熱剤が効きやすく、ほとんどは服用すると熱が下がっている。保健所では解熱剤への反応を、オミクロン株かどうかを見分ける参考にしている」

 -重症化が心配だ。

 「オミクロン株でも免疫力が低い人はまれにウイルスが肺に定着し、重症化する可能性はある。注意すべきは第6波で感染者の約2割を占めるデルタ株への対応だ。オミクロン株の流行に紛れて患者を見落とすことがあってはならない」

 -そのための対策は。

 「感染した株に関係なく、高齢者や持病がある人は原則入院としている。コロナ患者用として、市内では8病院が計約110床を確保しており、14日時点で17人が入院している。保健師らによる『在宅療養者サポートチーム』も活動を再開し、巡回や電話連絡で健康状態を把握している。健康観察アプリも活用し、症状が悪化すればスムーズに入院してもらえるよう態勢を整えている」

 -感染予防の注意点は。

 「オミクロン株は上気道で増殖するため、うがいがより効果的だ。マスクを外した会食後や帰宅後のうがいを意識するだけで、感染リスクを減らせるだろう。手洗いやマスクの着用も引き続き必要な対策だ。また、感染拡大防止や重症化の早期発見につながるため、症状がある人は検査をきちんと受けてほしい」

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

姫路新型コロナ
姫路の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • 17℃
  • 0%

  • 29℃
  • 12℃
  • 0%

  • 29℃
  • 16℃
  • 0%

  • 30℃
  • 14℃
  • 0%

お知らせ