姫路

  • 印刷
先制点を奪い、ピッチで喜びの輪を作るASハリマアルビオン=10日、ウインク陸上競技場
拡大
先制点を奪い、ピッチで喜びの輪を作るASハリマアルビオン=10日、ウインク陸上競技場
ゴール前での激しい競り合い。意地と意地がぶつかり合う=10日、ウインク陸上競技場
拡大
ゴール前での激しい競り合い。意地と意地がぶつかり合う=10日、ウインク陸上競技場
スタンドから声援を送るサッカー少女たち。ピッチを駆ける選手に自分の未来を重ねる=10日、ウインク陸上競技場
拡大
スタンドから声援を送るサッカー少女たち。ピッチを駆ける選手に自分の未来を重ねる=10日、ウインク陸上競技場

 「はりまスポーツ」と題して、兵庫・姫路周辺で活躍するチームや選手の話題を随時お届けします。競技の最前線よりは少し後ろから、躍動する姿を支えたい。走り続ける人たちが見る景色の一端を、みなさんと一緒に見てみたいと思います。

 女子サッカーなでしこリーグ1部、ASハリマアルビオンの2022シーズンが始まった。開幕から敵地3連戦を2分け1敗で乗り切り、ウインク陸上競技場(姫路市中地)でのホーム開幕戦(10日)だったが、逆転負けを喫した。ただ戦いはこれから。16日は愛媛FCレディースと敵地で、24日には昨年同リーグ2位のスフィーダ世田谷FCを本拠地に迎える。地元ファンに勝利を届けるため「蹴女」たちの挑戦は続く。

 「アグレッシブに取りに行く姿勢は貫けたが…」。そう振り返ったのは先制点をアシストしたFW千葉。精力的にボールを追い、FW葛馬のゴールを演出したが、前半の内に隙を突かれて3失点した。「ミスからの失点は一番お客さんに見せてはいけないプレー。相手の攻撃も良かったが完全に崩されたわけじゃない。自分たちの課題を見つめ直し、優勝目指して頑張り続けたい」と、地元ファンに誓った。

 今季、ASハリマアルビオンは7月2日までほぼ毎週末にリーグ戦が続き、約2カ月間の中断後、10月16日まで22試合を戦う。(大山伸一郎)

姫路スポーツ
姫路の最新
もっと見る
 

天気(6月30日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ