姫路

  • 印刷
着物や1980年代の生地を使った商品を手にする福田ひかるさん(右)と前田和樹さん=姫路市二階町
拡大
着物や1980年代の生地を使った商品を手にする福田ひかるさん(右)と前田和樹さん=姫路市二階町
着物をリメークした巻きスカートに合わせたオリジナルのTシャツ=姫路市二階町
拡大
着物をリメークした巻きスカートに合わせたオリジナルのTシャツ=姫路市二階町

 着物をリゾート感あふれるデザインの洋服にリメークする新ブランド「うたかたの恋」が今春、兵庫県の播磨に誕生した。手掛けるのは、姫路市二階町の二階町商店街で、アンティーク着物販売店「侘(わ)びすけ」などを経営する福田ひかるさん(59)ら。5月15日に同店舗を改装して専用売り場を構えるほか、海外にも販路を広げる。(段 貴則)

 福田さんは、同店併設の着物レンタル店「城下町スタイル」、ゲストハウス「うたかた」も営む。着物の上質な絹地を生かし、デザイン力の高い商品へとリメークしようと、アパレルメーカーのオーナー、前田和樹さん(54)=加古川市=とともに、姫路発の新ブランドを立ち上げた。

 テーマは「女性の自由や自立、愛」。福田さんは「はかなさを感じるブランド名にした。商品を手に取った女性たちそれぞれが、イメージを広げてもらえたら」と話す。

 着物からスカートやノースリーブ、ワンピースなどを作る。巻きスカート(1万5千円前後)はフリーサイズで、インドネシア・バリ島など、海外のリゾートを意識したスタイルに。また、リメーク品に合わせる服もそろえる。1980年代や環境に優しい生地などを使い、無地のTシャツやカラフルなパンツなども商品化。前田さんは「着る人一人一人に合わせた服をプロデュースしていく」と力を込める。

 販路は、自前の店舗や大手通販サイトに加え、「姫路の地の利」を生かして海外にも進出する。

 福田さんは「新型コロナ禍の前は世界中から姫路に人が来ていた。うちのゲストハウスに泊まり、今も交流を続けるお客さんたちを通じ、現地で扱ってもらえる店を増やしていければ」。すでに福田さんの店に来店した縁で、スペイン・バレンシアで美容院を営む日本人女性が「うたかたの恋」の商品を販売するという。

 福田さんは「着物のリメークだと感じさせないデザインを中心に、リゾート感のある服をそろえ、世界にも発信していきたい」と話している。

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(7月5日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ