姫路

  • 印刷
桂ざこばさん
拡大
桂ざこばさん
桂南光さん
拡大
桂南光さん
桂米團治さん
拡大
桂米團治さん

 2015年に亡くなった兵庫・姫路出身の人間国宝・桂米朝さんらが1973年に始めた、米朝一門による夏の恒例行事「姫路落語会」が今年で50回の節目を迎える。8月20日にアクリエひめじ(兵庫県姫路市神屋町)であり、桂ざこばさん、桂南光さん、米朝さんの長男の桂米團治さんら、人気と実力を兼ね備えたはなし家がそろい踏みする。(上杉順子)

 同落語会は市文化センター(昨年末に閉館)の開館を記念し、米朝さんらが「故郷に落語を広めたい」と同センターで始めた。今年は昨秋オープンしたアクリエで初めて開催する。

 主催する市文化国際交流財団の担当者は「毎年豪華な顔触れなので50回と言っても特別なことはないが、出演者は気合が入っているはず。大いに笑っていただきたい」と話している。

 午後2時開演。全席指定で4千円(小学低学年以下は入場不可)。姫路キャスパホールTEL079・284・5806

姫路
姫路の最新
もっと見る
 

天気(7月5日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ