姫路

  • 印刷
加納良男さん
拡大
加納良男さん
山根誉彰さん
拡大
山根誉彰さん
山口愛璃さん
拡大
山口愛璃さん

 参院選の投開票が10日に迫る。家計を圧迫する物価高への対策を中心に、争点は安全保障、憲法改正と多岐にわたる。播磨の有権者は何を望み、1票を投じるのか。さまざまな立場の有権者に「私の争点」を聞いた。

■「人の移動促す政策期待」観光ボランティアガイド・加納良男さん(72)=姫路市

 姫路の名所や歴史を観光客に解説しています。やりがいは十分。あっという間に10年がたち、姫路検定1級も取りました。

 姫路城がある観光の街。これまでは大河ドラマや「平成の大修理」の影響でずっと忙しかった。それがコロナ禍で一気に活気を失いました。今年の大型連休に期待したけれど、完全復活とはいきませんでしたね。

 コロナも3年目で、みんな自粛慣れしている。だから、人の移動を促す大胆な政策を期待したい。後は経済回復。家計に余裕がないと旅行もできませんから。

 昨年、ガイドのユニホームを替えました。新しい制服で、マスクを外しておもてなし。そんな生活に戻してくれる人を見極めたい。(聞き手・森下陽介)

■「物価高に対する支援を」飲食店経営・山根誉彰さん(51)=姫路市

 姫路・魚町でレストランバーを経営しています。原材料価格が高騰していますが、値上げすればお客さんが他の店に流れてしまうかも。でも、経営努力だけでは、そろそろ限界です。

 ロシアによるウクライナ侵攻と円安の影響で、輸入酒の価格も上がり続けています。情勢が見通せず、仕入れも不安定なまま。コロナ禍のように、中長期的な支援制度を望みます。

 今の政治には「リアル感」がないと思います。選挙戦でも現場を見ず、現実味のない公約だけ並べられても意味がありません。選ぶなら実行力を重視したい。

 投票は行くつもりです。行かないという選択は、結果としてこの現状を受け入れることになりますから。(聞き手・山本 晃)

■「もっと教育への予算を」姫路東高3年・山口愛璃さん(18)=姫路市

 5月で18歳になり、初めての選挙です。大人の仲間入りを実感します。ウクライナ情勢への対応と、教育施策に注目しています。

 現代に戦争が起こるとは思わず、恐怖を感じています。唯一の被爆国として非戦の姿勢を明確にしてほしい。防衛力の強化では、ただ戦争に巻き込まれるだけのような気がします。

 若者や教育にも、もっと予算を使ってほしい。教育無償化は格差解消につながるはず。先生も大切にしてほしい。どんな先生と出会うかで、子どもの人生は変わるはず。教員志望者の減少は問題だと思います。

 交流サイト(SNS)で見る真偽不明な情報に流されないように気を付けて、投票先を選びたいです。(聞き手・井上 駿)

姫路選挙参院選兵庫22西播
姫路の最新
もっと見る
 

天気(8月12日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ