神戸

  • 印刷
須磨海浜水族園で人気の「スマイルカ焼き」を手にする中山弥生さん=神戸市須磨区若宮町1(撮影・秋山亮太)
拡大
須磨海浜水族園で人気の「スマイルカ焼き」を手にする中山弥生さん=神戸市須磨区若宮町1(撮影・秋山亮太)

 神戸市須磨区の須磨海浜水族園、スマスイ言うんやけど、ワシはそこの「世界のさかな館」に住んどる。鼻が長い淡水魚「ロングノーズガー」じゃ。生まれも育ちもスマスイ。1977年生まれじゃから…今は43歳。誕生日は3月1日で、もうすぐ44歳になる。人間やったら働き盛りやけど超高齢魚なんじゃ。2014年から世界最高齢の記録を更新し続けとる。なんで今回ワシが出てきたかっていうとな、今のままのスマスイが2月末で終わるんじゃ。本館だけは2年後の5月までやねんけど、イルカライブ館やラッコ館、レストラン、ワシが住んどる世界のさかな館とか、東側にある15施設を取り壊して新しく整備するんじゃて。さびしいのぅ。

     ◇     ◇

■たい焼きのイルカ版じゃ。

 イルカの話の続きじゃ。

 遊園地の一角にもう一つプールがある。イルカと触れあえるコーナーじゃ。残念なことに、今は新型コロナウイルスの感染対策で閉まっとるがの。

 ここは、どのイルカでも務まるわけじゃない。体重は300キロもあるから、間違って人間にのしかかったら大変じゃ。しっかり訓練を積んだベテランやないとな。

 コロナ前まで、その大役を担ってたのが園内最年長イルカのガル(雄)。みんな知ってるじゃろ。

 推定36歳で、一緒に阪神・淡路大震災を乗り越えた。ワシの数少ない茶飲み友達じゃ。昔はライブにも出とったが、今は雌チームに譲っとる。雄のイルカは、一定の時期をすぎたら群れから離れる習性があるからの。今は、裏のプールでご隠居生活じゃ。4歳のロクマルちゃん(雄)と一緒にな。

 園内の飲食店「マリンショップ」の一番人気は「スマイルカ焼き」。たい焼きのイルカ版じゃ。開発した当初はトレーナーに「しっぽがサメみたい」とダメ出しされ、鉄板を作り直したんじゃて。

 ショーを見ながら食べる人、カフェ気分を楽しむ人、それぞれじゃ。15年ほど働く店員の中山弥生さんは大のイルカ好き。たまに店を放り出してショーを見ては、涙を流したり励まされたりしてきたそうじゃ。

 須磨の海にイルカ2頭を放す「須磨ドルフィンコーストプロジェクト」が始まった8年前には、地元の約100人に配ったんじゃ。つぶあんとカスタードの2種で祝いの「紅白まんじゅう」のつもりだったそうじゃが、伝わったんかのう。(小谷千穂)

【バックナンバー】

(4)イルカライブ館

(3)ラッコ館

(2)世界のさかな館

(1)まずは自己紹介

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(3月5日)

  • 14℃
  • 11℃
  • 80%

  • 13℃
  • 7℃
  • 80%

  • 13℃
  • 11℃
  • 80%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

お知らせ