エッセー・評論

猫の毛まみれのキーボード

  • 印刷
愛蔵本(撮影・三浦拓也)

愛蔵本(撮影・三浦拓也)

 昨年、二十数年ぶりに「じゃりン子チエ」を観(み)直してみた。関西弁の声優たちの素晴らしさなどに感じ入りつつ、このアニメによって、幼少期にまるでDNAのように刷り込まれた「男は役に立たん、テツのボケが」の魂が、自分の中でぱっと覚醒したのがよくわかった。

 昔の作品を今観ると、社会通念やジェンダー的に時代遅れになってしまっていることは少なくない。もちろん悲しいことに、今でもかつての意識のままつくられている新しい作品やコマーシャルやテレビ番組も山のようにあって、私はそれがストレスで普段テレビを観ていない。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

2019/2/2

天気(6月18日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 70%

  • 28℃
  • 19℃
  • 70%

  • 28℃
  • 22℃
  • 60%

  • 28℃
  • 20℃
  • 60%

お知らせ