連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

第5部 三歩進んで、二歩下がり

  • 印刷
再婚から15年になる吉田利康さん、恵子さん夫妻。ようやく夫婦らしくなってきたという=西宮市北口町(撮影・秋山亮太)
拡大

再婚から15年になる吉田利康さん、恵子さん夫妻。ようやく夫婦らしくなってきたという=西宮市北口町(撮影・秋山亮太)

再婚から15年になる吉田利康さん、恵子さん夫妻。ようやく夫婦らしくなってきたという=西宮市北口町(撮影・秋山亮太)

再婚から15年になる吉田利康さん、恵子さん夫妻。ようやく夫婦らしくなってきたという=西宮市北口町(撮影・秋山亮太)

 私たちは、前夫を亡くした兵庫県西宮市の吉田恵子さん(57)の話を聞いている。気がつくと、3時間近くたっていた。

 前夫の堤則夫さんは食道がんだった。闘病中、恵子さんは病気の進行や治療法の情報を得ようと、医師や看護師、患者の家族が書き込むインターネット掲示板によくアクセスしていた。

 則夫さんが亡くなった後、恵子さんは誰かに話を聞いてもらいたいと、再び掲示板をのぞくようになる。「でもね、同じように夫を亡くした人でも子どもがいると違いますもんね。『この子が大きくなるのが生きがいです』とか書いてあると、ちょっと私とは違うなあって」

 同じように掲示板にアクセスしていた中に、前妻の章江さんをみとった吉田利康さん(71)がいた。2人はメールでやりとりするようになり、2005年に再婚する。

     ◇     ◇

 「再婚と彼の死は全く別です。再婚で整理できることはないです」。恵子さんがはっきりと言う。そういえば、利康さんも同じようなことを言っていた。

 再婚当初、恵子さんは則夫さんの写真を、利康さんは章江さんの写真をそれぞれ飾っていた。家の中で、それぞれ前の伴侶のことを語り合う。「友人たちに『4人で暮らしてるみたいね』と、よく言われました」。そう話す恵子さんの表情は柔らかい。

 則夫さんが逝って17年です。今はどうですか?

 「昔より思い出すことは減りました。きれいごとじゃないんですよね。悲しみとかどろどろしたものが溶けて、自分の体に染みこんだみたいになるんです。今の私をつくってくれたんだと思います」。自分の体を抱きしめるようにして、恵子さんが言う。

 利康さんと再婚して15年。「最近ですよ、やっと2人とも、いいとこも悪いとこも見えてきて、夫婦らしくなってきたと思います」

 夫妻は現在、賃貸マンションの一室で暮らしている。利康さんが章江さんと結婚後に暮らし始め、最期をみとった場所でもある。この春、2人はそこを引き払って新しい住まいに移る。

     ◇     ◇

 次回からは父親が脳死判定を受け、臓器を提供した家族の話をしたい。

2020/2/9

天気(7月6日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ