連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

第5部 三歩進んで、二歩下がり

  • 印刷
遺族のケアについて語る村上典子医師=神戸赤十字病院 グリーフケア外来で遺族と向き合う出崎躍さん=淀川キリスト教病院
拡大

遺族のケアについて語る村上典子医師=神戸赤十字病院

グリーフケア外来で遺族と向き合う出崎躍さん=淀川キリスト教病院

  • 遺族のケアについて語る村上典子医師=神戸赤十字病院
  • グリーフケア外来で遺族と向き合う出崎躍さん=淀川キリスト教病院

遺族のケアについて語る村上典子医師=神戸赤十字病院 グリーフケア外来で遺族と向き合う出崎躍さん=淀川キリスト教病院

遺族のケアについて語る村上典子医師=神戸赤十字病院

グリーフケア外来で遺族と向き合う出崎躍さん=淀川キリスト教病院

  • 遺族のケアについて語る村上典子医師=神戸赤十字病院
  • グリーフケア外来で遺族と向き合う出崎躍さん=淀川キリスト教病院

 家族を失った悲しみは、いつか癒えるのだろうか?

 遺族に会って話を聞いてきた私たちは、グリーフ(悲嘆)ケアの専門家を訪ねることにした。

 神戸市中央区、神戸赤十字病院心療内科の村上典子医師(56)は「悲しみがなくなることはありません。心も生活も、元通りにはなりません。傷口には薄いカサブタがあるだけで、引っかくとまた血が流れます」と話した。

 村上医師の診察室に通う患者の中に、阪神・淡路大震災で11歳の娘を亡くした神戸市須磨区の女性(66)がいる。

 私たちが連絡を取ると、女性は「心療内科は否定や反論をされず、スポンジのように話ができる所。日々、息を詰めるように生活をしていた中で、呼吸ができた場所です」と答えた。

 寄り添う村上医師にあらためて話を聞く。「遺族が自身の語りを通じて、心に落ちるところを得ることが大事です。私のもとを『卒業する』と言った患者さんが何人もいます。悲しみは形を変えていく。人は悲しみと付き合うすべを知っていくのだと思います」

     ◇     ◇

 大阪市東淀川区の淀川キリスト教病院は2016年、グリーフケア外来を開設した。カウンセリングを担当する公認心理師の出崎躍(やく)さん(36)に会うと、「公認されない悲嘆をサポートしたいのです」と言った。

 公認されない、とは?

 流産や死産、家族ではない友人や恋人の死、死の状況が話題になりにくい自死…などが、それに当たるという。

 小児科に所属する出崎さんはこれまで、生まれて間もない赤ちゃんを亡くした親の悲しみに触れてきた。病院の外に出ることのなかった小さな命。親たちは人知れず涙を流し、周囲の無神経な言葉に傷ついている。

 「いつまでも泣いて、悲しんでいる自分は良くないのでしょうか?」。外来にやってきて、そう話す親たちに、出崎さんは「悲しみ」と「愛しみ」と書いて示す。

 そして「愛しみは『かなしみ』と読めます。悲しみは愛なのですから、亡き人を思うのは当たり前」と説明する。

 「悲しみをやっかいなものととらえないでほしい。心も体もないけれど、語り掛け、思い続けることで一緒に生きている感じがする。『見えないつながり』を感じることが、心の回復にもつながると思います」

2020/2/22

天気(7月6日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ