姫路

  • 印刷
男子・姫路西の2区森大樹選手(左)からたすきを受け取る3区曽賀大登選手=丹波篠山市内(撮影・坂井萌香)
拡大
男子・姫路西の2区森大樹選手(左)からたすきを受け取る3区曽賀大登選手=丹波篠山市内(撮影・坂井萌香)
女子・姫路商の1区北野小槙選手(左)からたすきを受け取る2区久保舞依選手=丹波篠山市内(撮影・吉田敦史)
拡大
女子・姫路商の1区北野小槙選手(左)からたすきを受け取る2区久保舞依選手=丹波篠山市内(撮影・吉田敦史)

 兵庫県丹波篠山市で7日に開かれた男子第76回、女子第38回県高校駅伝(神戸新聞社後援)。姫路・西播勢は、男子で姫路西が28位、龍野北が39位となり、女子では龍野が12位、姫路商が14位だった。

■男子・姫路西 チーム一丸でたすきつなぐ

 「一人一人がベストを尽くす」という目標で走り抜いた男子の姫路西。結果は28位だったが、中村雅輝主将(2年)は「みんなが駅伝への意識を高く持ち、目標は達成できた」と力を込めた。

 長距離を専門とするメンバーが少なく、県大会出場さえ危ぶまれたが、練習でひたすら長い距離を走り込んで鍛えてきた。アンカーを務めた久保航貴選手(3年)は「応援に入ってくれた短距離専門メンバーにはしんどい思いをさせたが、チーム一丸となってたすきをつなぐことができた」と喜んだ。(綱嶋葉名)

■女子・姫路商 今年のリベンジ後輩たちに託す

 女子の姫路商は、3年生が主体のチーム編成で挑んだ。目標の8位入賞には届かず近畿大会出場は逃したが、「一人一人、全力は出し切れた」と、メンバーたちは次を見据えた。

 西播地区予選では32連覇を逃し、「近畿大会には行こう」と互いに声をかけ合って、練習を重ねた。久保舞依主将(3年)は「伝統校としてのプレッシャーを、少なからず感じてしまった」と唇をかみしめた。「後輩たちには伝統を気にすることなく、攻めた走りをして今年のリベンジを果たしてほしい」と話していた。(綱嶋葉名)

【リンク】高校駅伝2021

姫路スポーツ高校駅伝2021
姫路の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ