西播

  • 印刷
鉄製の櫂で練習するIHI相生工場チームの明石良一さん=相生市桜ケ丘町
拡大
鉄製の櫂で練習するIHI相生工場チームの明石良一さん=相生市桜ケ丘町
「舟をこぎたい」とボート部に入部した池田龍祐さん(左)=相生産業高校
拡大
「舟をこぎたい」とボート部に入部した池田龍祐さん(左)=相生産業高校
子どもの頃から使っている櫂を持つ山岡優太朗さん=相生市陸本町
拡大
子どもの頃から使っている櫂を持つ山岡優太朗さん=相生市陸本町

■次は誰が、どんな景色を見るのだろう。

 IHI相生工場の敷地内に、縦15メートル、横3メートルほどの大きな水槽がある。ペーロン競漕(きょうそう)の季節が近づくと水を張り、チームに所属する社員が水槽を囲むように座って櫂(かい)を振るう。一度に40人が練習できるそうだ。

 「これでこぐんですよ」。チームを率いる明石良一さん(45)が見せてくれたのは鉄製の櫂だ。重さは木製の2倍以上の約2キロある。

 ペーロン競漕は100年前の1922(大正11)年、相生工場の前身の播磨造船所で始まった。造船所内の社内行事から、市民も巻き込んだ祭典に発展した。その歴史は造船で栄えたまちの盛衰にも重なる。

 長く競漕を引っ張ってきた造船所チームだが、明石さんが優勝を経験したのは1度だけ。96年、初めて出場した年だった。

 当時入社2年目の明石さんは、昼休みになると水槽に向かい、鉄の櫂を持って水を切った。「弁当を5分でかき込んで仕事に戻るんです。もう半泣きの生活でした」と苦笑いする。

 優勝を祝う酒席で、明石さんたちは優勝カップにビールを注いで飲んだ。つらかった日々が報われた。厳しかった先輩がはしゃいでいるのがうれしかった。

 今年は新型コロナウイルス禍に入社した若手社員が舟に乗る。「優勝を目指せるチームじゃないんです。でもね、あのビールの味を味わわせてあげたいなあ」。たくさんの人の努力と絆が詰まった味を、と思う。

 取材の最後に、2人の若者に会った。

 相生産業高校1年の池田龍祐(りゅうすけ)さん(15)は、市民クラブチームとして初めてペーロン競漕に出場した「陸(くが)ペーロンチーム」に所属している。「32人が舟に乗って、ピタリとこぎ手の櫂がそろうと疾走感がすごい。接戦やと、腕の痛みを超えて『勝ちたい』っていう気持ちになるんです」。小学1年でペーロンを始め、すっかり魅せられた。

 もう1人は山岡優太朗さん(17)。陸ペーロンチームを結成した山岡伸一さん(79)の孫だ。中学1年の時、大人に交じって初めてペーロン競漕に出た。レース直前の舟の上、ピンと張り詰めた空気に圧倒された。「でも、大人と同じ責任を負うんやと思うとうれしかった」。ペーロンが新しい感情を教えてくれた。

 伸一さんが若い2人に語ってきた後悔がある。21歳の時に出たレースでゴール直前、3回だけこぐのをサボった。仲間は誰も気付かなかったが、60年近くたった今も、ふと思い出すという。

 「舟に1番、2番はあっても、こぎ手に順位はあれへん。人生もおんなじ。前だけ向いて、しっかりこがな」。最近、そう思うようになった。

 舟の上で、次は誰が、どんな景色を見るのだろう。(地道優樹)

=おわり=

【バックナンバー】
(5)看護専門学校監督
(4)市民チーム初V
(3)ギャルペーロン
(2)中止の危機
(1)播磨造船所

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ