但馬

  • 印刷
遠藤良太氏
拡大
遠藤良太氏

■若い目線で地域変える

 -立候補の動機は。

 「子育てをする中で、政権に不信感があった。新型コロナウイルスの影響で子どもたちの行事がなくなる一方、政治家が外で食事をしている。そのような中、既得権益にとらわれず、改革を実行している維新の政策に共感した」

 -何を訴える。

 「教育の無償化だ。経済格差が教育格差になってはいけない。兵庫5区は広いので、エリアごとに合った政策が必要となる。三田では子育て支援の活性化。高齢化が進む但馬や丹波地域では福祉がポイントで、高齢者への自立支援が重要となる。介護保険制度については現場の実態に合わせた改定を目指したい」

 「Wi-Fi(ワイファイ=無線LAN)の整備も大事。コロナで働き方が変わり、どこにいても仕事ができる。整備を進めれば、ワーケーションなどで人を呼び込める」

 -地縁がなく、他の2人に比べると知名度で不利では。

 「世代交代を実現したい。中国に駐在して、日本の国際競争力が落ちていることを実感した。若い世代が、政治や国を変えていかなければならない。私自身、何のしがらみもない。36歳の目線で地域を変えたい」(土井秀人)

 【特集ページ】衆院選2021

但馬三田丹波選挙5区衆院選兵庫特集
但馬の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ