但馬

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 31日に投開票された衆院選兵庫5区。小選挙区では自民前職の谷公一氏(69)が競り勝ち、日本維新の会の遠藤良太氏(36)が比例復活を果たした。神戸新聞社が実施した出口調査では、投票の際に最も重視した争点や課題は「経済再生」だった。比例の投票先は維新が首位で、遠藤氏の比例復活を後押しした。

 選挙戦は谷氏と遠藤氏に、立憲民主党元職の梶原康弘氏(65)との三つどもえ。出口調査では418人から回答を得た。

 重視した争点、課題は「経済再生」が28・5%でトップを占め、続いて医療や介護、年金などの「社会保障」(16・0%)、「子育て・教育」(11・7%)と続いた。

 支持政党別の投票割合では、谷氏が自民・公明支持層の7割弱を固めた。遠藤氏は維新支持層から8割弱を占め、梶原氏は立憲民主支持層の8割、共産支持層からも6割以上を取り込んだ。無党派層の支持は遠藤氏、梶原氏、谷氏の順だった。

 比例の投票先は、維新が34・4%。自民27・5%、立民13・2%、公明7・9%の順だった。(桑名良典)

但馬三田阪神丹波選挙衆院選兵庫ニュース5区
但馬の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ