姫路

  • 印刷
連勝をつかみ取り笑顔を浮かべるASハリマアルビオンイレブン=広島広域公園第一球技場
拡大
連勝をつかみ取り笑顔を浮かべるASハリマアルビオンイレブン=広島広域公園第一球技場
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 女子サッカーなでしこリーグ1部のASハリマアルビオンは15日、敵地でアンジュヴィオレ広島を6-0で圧倒し、今季2勝目。初勝利を飾った前節に続く連勝で順位を8位に上げた。リーグ戦折り返しを前に反転攻勢に転じ、上昇気流に乗りたいところだ。

 開始直後からリズム良く攻め込むハリマは前半6分、前節と同じくDF阪中澪のコーナーキックからファーサイドで競り勝ったDF吉田紫穂が頭で先制。同29分には自陣でボールを奪い、駆け上がったMF小池快(こころ)が押し込む。さらに同45分、左サイドからの折り返しをFW新堀華波(かなみ)が左足でとらえ、前半を3-0で折り返す。

 後半も勢いはそのままに7分、前線からのプレスで奪ったボールをFW千葉園子が冷静に沈めて4点目。大量得点にも運動量と集中力は途切れず守備も安定、途中出場のMF藤原安佑(あゆ)とFW井之脇朱音(あかね)がともにリーグ戦初得点を決め、完封劇に華を添えた。(大山伸一郎)

▼井之脇朱音(今季全試合に出場するFW)

 途中出場は勝敗の鍵を握る大事な役目。(今季)ここまでチャンスを決め切れず、今日こそ絶対決めるという強い気持ちでピッチに立った。自信のある左足で決めることができ、苦労や悔しさも吹き飛んだ。

▼藤原安佑(1ゴール1アシストのルーキー)

 サッカーを楽しむために感情を文字にして心を整えて準備している。与えられたチャンスで仲間を信じて走り続け、得点に絡むプレーでチームの勝利に貢献していきたい。

【バックナンバー】
サッカー・ASハリマアルビオン 今季初勝利、守備陣が奮闘
サッカー・ASハリマアルビオン なでしこリーグホーム開幕戦 惜敗胸に健闘誓う
バレー・ヴィクトリーナ姫路 V1残留決定、2選手が代表候補に
姫路周辺で活躍するチームや選手を紹介

姫路スポーツ
姫路の最新
もっと見る
 

天気(7月6日)

  • 33℃
  • 26℃
  • 50%

  • 28℃
  • 24℃
  • 60%

  • 31℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 50%

お知らせ