連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

第6部 あなたに伝えたいこと

  • 印刷
患者に顔を寄せ、優しく話し掛けるスティサート師=タイ北部・ウッタラディット県
拡大

患者に顔を寄せ、優しく話し掛けるスティサート師=タイ北部・ウッタラディット県

患者に顔を寄せ、優しく話し掛けるスティサート師=タイ北部・ウッタラディット県

患者に顔を寄せ、優しく話し掛けるスティサート師=タイ北部・ウッタラディット県

 「さあ、体を手放していきましょう」

 ベッドに横たわる男性の耳元で、僧侶のスティサート師(41)がささやく。男性は目を閉じ、口を少し開けている。点滴と酸素供給の管が腕と鼻につながっている。ベッドの周りを家族が囲んでいる。最期が近いようだ。

 「その時が来たら、体を手放していきましょう」

 あの世へ送り出すような言葉に、どきりとさせられる。

 ここはタイ北部のウッタラディット県。首都バンコクから約500キロ離れた田舎町だ。私たちは市街地にある県立病院にいる。

 日本の医療機関の取材を通して、私たちは、死が近づいている患者に寄り添うチャプレン(聖職者)の存在を知った。仏教国のタイでは僧侶が病院を巡回すると聞き、訪れることにした。

 スティサート師はタイ東北部にあるスカトー寺の副住職だ。定期的に病院を回って、患者や家族の話に耳を傾ける。医師や看護師で構成する緩和ケアチームのメンバーでもある。今回は5日間の日程で病院を訪れている。

 「怖くないですよー。心を安らかにしてください」

 「逝っても、後のことは心配しなくていいですよー」

 スティサート師は主に重篤な患者の元に足を運び、看護師から状態を聞き取って1人ずつ優しく声を掛けて回る。巡回の途中、さきほどの男性が亡くなったと報告が入った。「体を手放していきましょう」と声を掛けられた男性だ。

 それにしても「体を手放す」とはどういう意味なのだろう。院内を回り終えたスティサート師に尋ねると、人懐っこい笑顔で答えてくれた。

 「人が死ぬことは自然のサイクルの一部です。誰にも訪れることです。『体を手放して…』という言葉は、壊れそうな家にしがみつくのは苦しいですよ、といった感じです。もうそこに死期が迫っている患者に使うようにしています」

 さらに、言葉を続ける。「体がだめになっても、心が元気ならいいんです。体は自分ではなく、物体なんです。タイの多くの人は、生まれ変わりを信じているんですよ」

 体が「死」を迎えても、そこでぷつりと終わるわけではない。心は生きている。そういうことだろうか。

2020/4/11

天気(9月21日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ