連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

第6部 あなたに伝えたいこと

  • 印刷
火葬場(左)の隣に学校があった=タイ北部・ウッタラディット県
拡大

火葬場(左)の隣に学校があった=タイ北部・ウッタラディット県

火葬場(左)の隣に学校があった=タイ北部・ウッタラディット県

火葬場(左)の隣に学校があった=タイ北部・ウッタラディット県

 朝から日差しが強い。湿った空気が肌にまとわりつく。タイ北部のウッタラディット県を訪れた私たちは、取材の合間、通訳を依頼した浦崎雅代さん(47)と一緒にまちを歩くことにする。

 タイに住んで10年になる浦崎さんは、現地の僧侶の知人が多い。病院を巡回するスティサート師もその一人だ。

 病院の前に、車やバスが行き来する通りがある。道を挟んだ歩道沿いには小さな食堂や屋台、コンビニが軒を連ねる。浦崎さんが立ち止まって声を上げる。「あっ、ここ、棺(ひつぎ)屋さんですよ」

 中に入ると、金や銀の装飾を施した棺が置いてある。奥から店主の男性(52)が出てきた。商品は装飾や材質によって日本円で約9千~3万円と幅がある。

 ラオスやミャンマーから出稼ぎにやって来た人が亡くなり、身元不明のまま火葬される場合などは無料で提供しているそうだ。

 棺屋を出てしばらく歩くうち、小さな寺を見つけた。赤い屋根に黄色の壁など色彩豊かな建物が並んでいる。

 一角に火葬場があった。屋根は金色に装飾されている。近寄って見ていると、隣の建物から子どもの声が聞こえてきた。開け放たれた窓の向こうに、制服姿の子どもたちが見える。

 「タイでは、お寺の敷地内に学校があることが多いんですよ」と浦崎さん。

 寺の僧侶に聞くと、公立の小中学校という。葬儀は数日間続くので、子どもたちは自然と葬儀の風景を見て過ごすらしい。「なんていうか、『死』が日常に近くて、隠すものではないんですよね」。浦崎さんが軽やかに言う。

 病院に戻り、昼食のガパオライスを味わいながら、浦崎さんとゆっくり話をする。

 「タイでは、苦しみながら死のことを話さなくてもいいんですよね。私は長い間、『死』が隠されていることが、すっごく重荷でした」

 何があったのだろう。

 話は1975年3月11日にさかのぼる。那覇市で、事件警戒のため、警察官が車を止めて待機していた。そこに猛スピードで車が突っ込んだ。

 警察官は即死。浦崎さんの父である。

2020/4/16

天気(9月30日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 17℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

お知らせ