連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

宝塚・ボーガン殺傷

  • 印刷
事件があったとされる現場付近=4日午後0時11分、兵庫県宝塚市
拡大
事件があったとされる現場付近=4日午後0時11分、兵庫県宝塚市
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 4日午前10時10分すぎ、兵庫県宝塚市安倉西2の民家で「女性の耳に矢のようなものが刺さっている」と近くの住民から119番があった。兵庫県警によると、民家でボーガン(洋弓銃)の矢が刺さった状態で見つかった男女計3人が死亡し、別の女性1人が重傷を負った。県警はけがをした女性にボーガンを撃ったとする殺人未遂の疑いで、民家に住む自称大学生野津英滉容疑者(23)を現行犯逮捕し、宝塚署に捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、死亡したのは野津容疑者の祖母の好美さん(75)、母のマユミさん(47)、弟の英志さん(22)。同容疑者は民家前の路上で取り押さえられ、調べに対し「自分が持っていたクロスボーガンで矢を撃ったことは間違いない」「家族を殺すつもりだった」と話し、容疑を認めているという。

 3人はいずれも至近距離から頭部を狙って矢を放たれたとみられ、英志さんの頭には2本が刺さっていた。捜査本部は同容疑者に強い殺意があったとみて、殺人容疑も視野に動機などを調べる。

 ほかにけがをしたのは同容疑者の伯母(49)で、首の左側に矢が刺さったまま、近くの住民に助けを求めたとみられる。

 現場の民家は2階建てで、死亡した3人はいずれも1階で倒れていた。県警は、リビングの机の上で、幅70センチほどのボーガンを発見。死傷した4人に対し5本の矢が使われた形跡があったという。同容疑者が購入したとみて、経緯や時期についても調べる。

 現場はJR宝塚線中山寺駅の南約2キロで、武庫川沿いにある住宅街の一角。事件直後から救急車やパトカーが何台も駆けつけて騒然とした。近くに住む30代の女性は「頭から足まで毛布にくるまれて救急搬送される人を見た」と不安そうに話した。

2020/6/4

天気(8月11日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 37℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ