連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

宝塚・ボーガン殺傷

  • 印刷
宝塚署から神戸地検に移送される野津英滉容疑者(中央)=6日午前、宝塚市旭町1
拡大
宝塚署から神戸地検に移送される野津英滉容疑者(中央)=6日午前、宝塚市旭町1

 兵庫県宝塚市安倉西2の民家で4人がボーガン(洋弓銃)で殺傷され、殺人未遂容疑で無職野津英滉(ひであき)容疑者(23)が逮捕された事件で、4人はいずれも背後や側面の至近距離から頭部付近を撃たれたとみられることが6日、捜査関係者への取材で分かった。死亡した弟の英志(ひでゆき)さん(22)の頭には2本の矢が放たれ、うち1本は貫通していたことが判明。兵庫県警宝塚署捜査本部は4人に対し、強い殺意があったとみている。

 野津容疑者は4日、伯母(49)に対する殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。捜査本部は、民家1階で見つかった同容疑者の弟、英志さんの死因は2本の矢が頭に刺さったことによる出血性ショックだったと発表。うち1本の矢は左の後頭部と額付近を貫通して近くに落ちており、もう1本は右耳から頭頂部にかけて刺さっていたという。周囲には大きな血だまりがあり、事件の通報から約7時間後、搬送先の病院で亡くなった。

 死亡した野津容疑者の祖母、好美さん(75)と母マユミさん(47)、重傷を負った伯母を含め、放たれた約50センチの5本の矢はすべて4人に命中していた。好美さんは後頭部を、マユミさんは側頭部を撃たれ、伯母も首に矢が刺さっていた。好美さんとマユミさんは矢が刺さったままで、ほぼ即死だったとみられる。

 同容疑者は調べに対し「家族を殺すつもりだった」と供述しており、捜査本部は強固な殺意を持って、背後から不意を突いて襲った疑いがあるとみている。

 また、捜査関係者によると、凶器とみられるボーガンは殺傷能力の強い大型のタイプだったことが判明。幅約70センチで命中精度も高いとみられる。事前に周到に準備した可能性があり、捜査本部は入手経路や購入時期を調べる。

 県警は6日、伯母に対する殺人未遂容疑で野津容疑者を神戸地検に送検した。

2020/6/7

天気(8月9日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 37℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ