連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

宝塚・ボーガン殺傷

  • 印刷
野津英滉容疑者(高校の卒業アルバムから)
拡大
野津英滉容疑者(高校の卒業アルバムから)

 兵庫県宝塚市安倉西2の民家で今月4日、家族ら4人がボーガン(洋弓銃)で殺傷された事件で、兵庫県警宝塚署捜査本部は25日、祖母と母親、弟の3人を殺害したとする殺人容疑で、無職野津英滉容疑者(23)=伯母に対する殺人未遂容疑で逮捕=を再逮捕した。

 捜査本部によると、野津容疑者は「私がクロスボウ(ボーガン)を使って矢を撃って、殺したことに間違いありません」と容疑を認めているという。

 再逮捕容疑は6月4日午前5時ごろから同10時10分ごろにかけて、同容疑者の宝塚市の自宅で、同居する祖母の好美さん(75)と弟の英志さん(22)、近くに住む母マユミさん(47)の頭を矢で撃ち、殺害した疑い。

 捜査関係者によると、同容疑者は「祖母、弟、伯母、母の順に矢を撃った」と供述しており、捜査本部は強い殺意を抱いた理由や、事件当日の経緯をさらに調べる。

 捜査関係者によると、同容疑者は今年1月、インターネットを使い、国内の販売店からボーガンの本体を購入した。矢は2月以降に入手したという。事件では5本の矢が4人に命中しており、民家からは他に十数本の矢が見つかっている。

 死亡した3人はいずれも民家1階で見つかり、好美さんは居室、マユミさんはリビング兼台所で頭を撃たれ、ほぼ即死の状態だったという。英志さんは洗面所で頭に2本の矢が撃たれた状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。

 事件では4日午前10時すぎ、野津容疑者の伯母(49)=西宮市=が、首を矢で撃たれて近くの家に助けを求めた。駆け付けた宝塚署員が伯母に対する殺人未遂容疑で同容疑者を現行犯逮捕した。伯母は重傷を負ったが命に別条はなかった。

2020/6/25

天気(10月29日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ