連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

宝塚・ボーガン殺傷

  • 印刷
野津英滉容疑者
拡大
野津英滉容疑者

 兵庫県宝塚市の民家で今月4日、家族ら4人がボーガン(洋弓銃)で殺傷された事件で、この民家に住む無職野津英滉(ひであき)容疑者(23)が、死亡した祖母を午前5時ごろに襲ったと供述していることが25日、捜査関係者への取材で分かった。兵庫県警宝塚署捜査本部は同日、祖母と母親、弟の3人に対する殺人容疑で同容疑者を再逮捕。事件が発覚するまでの約5時間に、断続的に4人が襲われたとみている。

 再逮捕容疑は6月4日午前、宝塚市安倉西2の自宅で、同居する祖母の好美さん(75)と弟の英志(ひでゆき)さん(22)、近くに住む母マユミさん(47)の頭を矢で撃ち、殺害した疑い。調べに「私がクロスボウ(ボーガン)を使って矢を撃って、殺したことに間違いありません」と容疑を認めている。

 同容疑者は同日午前10時すぎ、首を矢で撃たれて近所に助けを求めた伯母(49)への殺人未遂容疑で逮捕されていた。百合江さんは重傷を負った。

 捜査関係者によると、野津容疑者は「祖母、弟、伯母、母の順に矢を撃った」と供述。最初に祖母を同日午前5時ごろに襲ったとも話したといい、捜査本部は早朝以降の約5時間で4人が次々と襲撃されたとみて、同容疑者が強い殺意を抱いた理由などを調べる。

 また、同容疑者は同日午前9時ごろ、西宮市に住む伯母に自宅への来訪を確認する電話をしており、この時には同居する弟の英志さんが撃たれていた可能性もあるという。また、近くに住む母のマユミさんを同日午前、携帯電話のメッセージで呼び出した形跡があるという。

 捜査関係者によると、同容疑者は今年1月、インターネットを使い、国内の販売店からボーガンの本体を購入した。矢は2月以降に入手したという。事件では5本の矢が4人に命中しており、民家からは他に十数本の矢が見つかっている。

2020/6/26

天気(8月9日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 37℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ