東播

  • 印刷
新型コロナウイルス感染症の収束を願った家族連れ=高砂神社
拡大
新型コロナウイルス感染症の収束を願った家族連れ=高砂神社

 新年が明け、兵庫県東播地域の各神社は1、2日、新型コロナウイルス感染症の対策をして初詣客を迎えた。参拝した人たちは静かに手を合わせ、コロナ禍の収束や家内安全を祈った。

 高砂市高砂町東宮町の高砂神社は、境内の参拝順路を一方通行にし、密集を避けるため、お守りやお札の授与所は例年の拝殿内から特設テントに移した。事前の参拝を呼び掛けたこともあり、元日の人出は例年の約3割だったという。同市の会社員男性(32)は「家族の健康と早くコロナ禍が去るよう願いました」と話した。

 東播地域で最も初詣客が多い、同市阿弥陀町地徳の鹿嶋神社では1日、例年の半数となる約2万5千人が参拝した。(門田晋一)

東播
東播の最新
もっと見る

天気(1月28日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 20%

  • 12℃
  • 3℃
  • 50%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 12℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ