東播

  • 印刷
菜の花畑の奥で満開となった桜=高砂市阿弥陀町南池
拡大
菜の花畑の奥で満開となった桜=高砂市阿弥陀町南池
桜のトンネルも満開に=高砂市曽根町
拡大
桜のトンネルも満開に=高砂市曽根町

 兵庫県高砂市西部を流れる鹿島川に沿い、桜並木が満開となった。南北約2キロの両岸にソメイヨシノ約360本が連なる。菜の花と一緒に観賞できる場所では、通り掛かった人が自転車を降りて撮影を楽しんでいる。

 桜並木は同市阿弥陀町から曽根町まで川の両岸に連なり、土手の緑とのコントラストも美しい。阿弥陀町南池には近くに菜の花畑が点在し、ソメイヨシノの淡いピンクと鮮やかな黄色が春本番を感じさせる。

 並木の南端付近(曽根町)では、桜のトンネルが続く。近くに住む主婦(49)は娘と生後3カ月の初孫との散歩を楽しみ、「初孫に満開のきれいな桜を見せることができて良かった」と話していた。見頃は4日ごろまで。(笠原次郎)

東播
東播の最新
もっと見る

天気(5月17日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 80%

  • 25℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ