東播

  • 印刷
青色にライトアップされた三重塔=鶴林寺
拡大
青色にライトアップされた三重塔=鶴林寺

 国連の世界自閉症啓発デー(4月2日)に合わせ、兵庫県加古川市加古川町北在家の鶴林寺の三重塔が3日、ライトアップされた。県指定文化財の歴史ある建築物が、「希望」「癒やし」の意味を込めた青色に染まった。

 同市内の障害者支援団体などでつくる「ライト・イット・アップ・ブルー加古川実行委員会」が主催し、今年で3回目。

 同寺は同日午後4時半から無料開放され、実行委のメンバーらが、連帯を示す青色のリストバンドを配布。同7時前、三重塔が青く浮かび上がり、訪れた人たちが見入っていた。

 実行委の代表幹事、西川正人さん(70)は「こだわりが強いなど、自閉症スペクトラム障害の症状は、一見するだけでは分かりにくい。社会での理解が少しでも広まってほしい」と話した。(千葉翔大)

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ