東播

  • 印刷
羽にハートマークの模様が入ったベニモンアオリンガ
拡大
羽にハートマークの模様が入ったベニモンアオリンガ

 2枚の羽の中心に、それぞれピンク色でハート形の模様が入ったガが、兵庫県播磨町で見つかった。同町の大西弘展さん(79)が14日に自宅の庭で盆栽に水をやっていた時、木に止まっているのを発見。「かわいらしいので、近所の人たちにも見せてあげたい」と心を躍らせる。

 ガは体長約1センチ。大西さんは最初「羽に日の丸が入っている」と思ったが、捕まえて直径3ミリほどの模様をじっと見ると、ハート形になっているのに気付いたという。

 県立人と自然の博物館(三田市)の八木剛主任研究員(52)=昆虫学=によると、ガは「ベニモンアオリンガ」という種類。体が小柄で見つけにくいが、希少ではない。羽の模様は個体によって形が違い、全くないものもいる。

 「嫌われ者のガでも、かわいい種類もある。ピンク色も春らしい。よくぞ“小さい春”を見つけてくれました」と八木主任研究員。大西さんは「明るい話題を羽に載せて運んで来てくれて、感謝している」と笑顔を見せた。(門田晋一)

東播

兵庫がもっと好きになるニュースお届けします。「神戸新聞ニュースレター」の購読は、下のフォームから。

利用規約に同意の上、登録ボタンをクリックしてください。

東播の最新
もっと見る

天気(5月17日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ