東播

  • 印刷
感染者らへの差別解消を呼び掛けるシトラスリボンピンバッジ
拡大
感染者らへの差別解消を呼び掛けるシトラスリボンピンバッジ

 兵庫県加古川市社会福祉協議会(同市加古川町寺家町)が、新型コロナウイルス感染者や医療従事者らへの差別解消を目指す「シトラスリボンプロジェクト」に賛同し、ピンバッジを作った。希望者に協力金として1個500円で渡し、市内の医療機関に全額を寄付する。

 黄緑色のリボンを付ける同プロジェクトは、愛媛県の市民グループが昨年4月に始め、全国に広がった。シンボルとなるリボンの三つの輪は「地域」「家庭」「職場・学校」を示す。

 ピンバッジは金属製で大きさ約2センチ。同社協と市人権文化センター(同市加古川町備後)の窓口で、「ただいま! おかえり! っていいあえるまちに」など、活動の趣旨を書いた名刺サイズのチラシと一緒に渡す。同社協は「差別のないまちになるように、少しでもシトラスリボンの輪を広げたい」としている。

 2千個作製。同社協からピンバッジを預かり、協力金集めに携わる店舗や事業所などを募っている。同社協TEL079・424・4318

(斉藤正志)

東播
東播の最新
もっと見る

天気(5月17日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 80%

  • 25℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ