東播

  • 印刷
無料Wi-Fiの機器と、使える場所に貼るステッカー=稲美町役場
拡大
無料Wi-Fiの機器と、使える場所に貼るステッカー=稲美町役場

 兵庫県高砂市と稲美町は、来庁者らが無料で使える公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」のルーターを、それぞれ公共施設に設置し、運用を始めた。電子メールや会員制交流サイト(SNS)のアカウントで登録すれば、時間限定でインターネットを利用できる。無料Wi-Fiは加古川市も運用しており、公共施設で広がっている。

 いずれも、東播地域で整備が進む無線通信システム「地域BWA(広帯域移動無線アクセス)」の電波を活用。災害時には避難所で使えるようにする。

 高砂市では、市役所本庁舎1階案内ロビーや中央公民館と7地区の公民館、総合体育館、文化会館の計11カ所で運用している。

 オンラインゲームなどの目的外使用を防ぐため、利用時間は1回30分を1日3回までに制限。有害サイトへの接続を制限する「フィルタリング機能」も設けている。予算は約490万円。

 稲美町は、町役場1、4階▽いなみ文化の森▽いなみ野体育センター▽いなみアクアプラザ▽いなみっこ広場-の計5カ所。1回15分で切断されるが、1日4回まで接続できる。町議会の議員控室にも同様のルーターを設置した。

 使いやすさを考慮して、フィルタリング機能は設けていないため、利用者自身がセキュリティー対策や、接続制限を行う必要がある。予算は約140万円。(笠原次郎、門田晋一)

東播
東播の最新
もっと見る

天気(6月23日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ