東播

  • 印刷
高さ約9メートルに成長したアオノリュウゼツラン=高砂市高砂町東浜町
拡大
高さ約9メートルに成長したアオノリュウゼツラン=高砂市高砂町東浜町
黄色の小さな花がたくさん咲いている=高砂市高砂町東浜町
拡大
黄色の小さな花がたくさん咲いている=高砂市高砂町東浜町

 数十年に1度しか咲かず、その後枯れてしまう中南米原産の多肉植物「アオノリュウゼツラン」が、兵庫県高砂市高砂町東浜町の堀川沿いで、小さな黄色の花を付けている。

 先のとがった葉が放射状に広がって根元に密集し、竜の舌を連想させることから「龍舌蘭(りゅうぜつらん)」と呼ばれる。空へと高く伸びた株は、命が尽きる前に1度だけ花を咲かせ、最後は根元に子孫を残して枯れてしまう。

 高砂の株は、江戸時代後期の土蔵で国登録有形文化財の「松宗蔵」(高砂町東浜町)と東側の堀川との間にあり、高さ約9メートル。今月10日ごろに下から順に咲き始めており、しばらく観賞できる。

 近くに住む男性(62)は「立派で南国ムード満点。とても珍しい花なので、じっくり見ておきたい」と話していた。(笠原次郎)

東播
東播の最新
もっと見る
 

天気(9月29日)

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 20℃
  • 20%

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ