東播

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県加古川市議会の福祉環境常任委員会が19日開かれ、新型コロナワクチン接種について、市の担当者は「(接種を希望する市民が)対象者の75%とみており、現在の接種態勢が維持できるなら、10月末に(全年代で)2回目の接種が完了する」との見解を示した。

 市は、全国の接種情報を一元的に管理する「ワクチン接種記録システム(VRS)」のデータを示し、市内の高齢者(65歳以上)の79・93%が、7月末時点で2回目の接種を終えていることを説明。担当者は「高齢者への接種は予定通りほぼ完了した」と述べた。

 また市は同日、年代別の接種率(8月18日時点)を発表した。市外の大規模接種や職場接種などを含むVRSのデータを基に、おおむね5歳ごとの年齢区分で、接種を受けた市民の割合を初めて公表。60~64歳=1回目80・6%、2回目69・0%▽55~59歳=同70・5%、29・4%▽50~54歳=同56・9%、13・2%-などとなっている。

 ホームページで公開し、毎週木曜午後5時ごろに更新する。(斉藤正志)

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

東播新型コロナワクチン
東播の最新
もっと見る
 

天気(10月25日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 70%

  • 14℃
  • ---℃
  • 70%

  • 16℃
  • ---℃
  • 80%

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ